第30回ハウステンボス九州ポケットビリヤードオープンG2 2018/6/9・6/10
ビリヤード伝承の地「長崎」

1790年代末に長崎の出島に来たオランダ人が
気晴らしに遊んでいた“ビリヤード”がそのまま日本に伝わりました。
江戸時代に上陸し、大正時代から昭和初期にかけて日本全国へ普及したビリヤード。
ビリヤード伝承の地「長崎」で九州最大のビリヤードイベントが開催されます。

会場のご紹介

ハウステンボスのランドマーク「ドムトールン」を取りまく
レストラン街タワーシティ(塔とレストランの街)の中庭にあるホールがタワーシティプラザ。
タワーシティプラザの大規模コンベンションホールにてトッププロ、トップアマによる戦いが行われます。

ここが体験ポイント
体験1国内男子トッププロがハウステンボスに集結!
体験2気軽にビリヤード体験ができるミニテーブルをご用意
体験3プロによるトリックショーも開催!
場所
ハウステンボス タワーシティプラザ
開催日
2018年6月9日・10日
時間
9日(土)8時・受付開始 8時30分・試合開始予定
※一般の方の観覧は9時~
10日(日)8時半・受付開始 9時・試合開始予定
料金
観覧料無料。どなたでもご覧いただけます。
※ハウステンボス入場料は別途必
BCJ*Kumamon 熊本城復旧支援グッズ販売
過去優勝者
第27回
第27回イメージ
東條紘典
生年月日
1980年07月31日(37歳)
プロ歴
JPBA41期生(2007年)
出身
香川県

ハウステンボス初開催となった九州OPを制したのは、JPBA随一のイケメンプレーヤーで、一流大学卒の元銀行マンという異色の経歴をもつ東條紘典。これがオープン戦初優勝。圧倒的な強さで勝利したこと大会を機に、一気に注目のプレーヤーに。フォトジェニックな存在感溢れる格好良さは、女性ファンのみならず男性ファンをも魅了している。

第28回
第28回イメージ
土方隼斗
生年月日
1989年03月16日(29歳)
プロ歴
JPBA40期生(2006年)
出身
東京都

国内ビリヤード界に前例のないこと尽くしで『最年少』記録をことごとく塗り替え照準は世界へ。2013年にはジャパンオープンで10年ぶりとなる日本人優勝を果たすと、国内公式戦4大会連続優勝、同33試合連勝の記録を樹立。土方隼斗は2013年、2016年に日本ランキング1位をマーク。プロ通算28勝。

第29回
第29回イメージ
竹中寛
生年月日
1972年01月17日(46歳)
プロ歴
JPBA44期生(2010年)
出身
大阪府

若干19歳で全日本オープンローテーション選手権大会でファイナル(対奥村健)を経験し、一躍、全国に名を馳せた『サムライ』(当時はORCに在籍)。 2010年にJPBAへ移籍して1年目で1勝。2012年には全日本選手権で日本人最高位の3位タイにつけて勝負強さを披露した。2012年に北陸オープン、2013年に北海道オープンでも優勝を果たしている。 竹中寛は2018年3月13日現在、JPBA公式戦通算8勝。

JPBA日本プロポケットビリヤード連盟
男子ランキング
ranking1 大井直幸
ranking1 大井直幸

プロデビューした2006年に日本ランキング1位の座を仕留めた最速・最強の男が大井直幸。人呼んで『ショット・ガン』。以降、2017年まで計5度日本一に。豪快なブレイクから圧倒的なシュート力&ポジショニングを駆使して瞬く間にランアウトを量産するプレースタイル。また陽気なステージパフォーマンスは海外でも高い人気を集め、外国人選手やプロモーターからも支持を得ている。2017年のワールドプールマスターズではインタビュー映像が世界中に拡散して人気を博し、国内の地上波でも幾度となく取り上げられた。
大井直幸はプロ国内公式戦通算31勝(2017.12月末現在)
2018年シーズンより東日本へ移籍。

ranking2 羅立文
ranking2 羅立文

日本を拠点に活動する台湾プレイヤーで、ポケット種目全般で上手さと強さを兼ね備え『精密機械』の異名をとる。
日本の多くのトーナメントに参戦し、コンスタントに上位進出の成績をおさめ、2009年春からJPBA所属となり、翌2010年には日本ランキング1位の座を射止めた。 2015年~2017年にはアジア選手権で前人未踏の大会3連覇を達成。
羅立文は2012年から5年連続日本ランキング2位を継続中。

ranking3 栗林達
ranking3 栗林達

アマチュア時代に史上2人目となる名人・球聖の同時期ダブルタイトルを獲得の後、2005年に超大型新人としてプロ転向した『褐色の超人』。その後も人一倍向上心の強い努力家は研鑽を重ね、栗林達はチームジャパン代表格の1人として定着。2010年には世界のメジャー大会の1つであるワールドプールマスターズで準優勝の成績を収め、2012年の世界チーム戦で日本チームの快進撃(結果は準優勝)にも寄与した。高いプロ意識を備え、恵まれたビジュアルでも人気を博する。妻はJPBAの栗林美幸。2011シーズンより東日本に移籍。
栗林達は2017年9月の東海グランプリでプロ公式戦通算20勝を達成。

選手エントリーはこちら
  • ビリヤード用品通販キューショップ.jp
  • まごころ洗車隊
  • アスリンク
  • 佐世保C&Bバーガーズ
  • 日勝亭
  • P-style
  • 株式会社エンヴィジョン
  • ビリヤード用品メッカ